読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザッカンザッキ

書いてストレス発散。仕事中に隣の人に、ふっと話かける程度のネタとレベルのブログです。

<社説>受動喫煙 「屋内全面禁止」を原則に - 毎日新聞


Listening:<社説>受動喫煙 「屋内全面禁止」を原則に - 毎日新聞

 

タバコは体に悪い。そんな事は知っている。

体に悪い事を自覚しながら行う自由はないのか。

 

食べ過ぎは体に悪いけど、たまには吐きそうになるまで、満腹になる事は許してもらえないのか。

酒の飲み過ぎは体に悪いけど、浴びるほど飲みたい自由意思もあるじゃないか。

 

副流煙モクモクの部屋に自らの意思で、入る自由はないのか。

物理的にもコミュニティー的にもクローズドな環境で、愛煙家が集まる事ができる場所があってもいいじゃないか。

 

嫌煙家の理解も求めないし、嫌がる人に副流煙を吸わせたいとも思わない。

せめて自己責任でクローズドなタバコ環境を築かせてはくれないだろうか。

一戸建て用「宅配ボックス」で再配達率が49%→8%に パナの実証実験 - ITmedia NEWS


一戸建て用「宅配ボックス」で再配達率が49%→8%に パナの実証実験 - ITmedia NEWS

 

ヤマトとか佐川急便とか日本郵便とか配送業者が折半で、各家庭に宅配ボックスを無料で作ってくれたらいいのに。

けっこうペイすると思うんだけど。

 

ユーザーに対してのサービスって、なんかwebやLINEで再配達がかんたんにできるようなものばっかりな気がする。

 

簡単に何度も運ばせるサービスを強化するんじゃなくて、確実に一度切りで配送が終わるサービスを考えてほしい。

昔々、スマホの売りって、、、

PCと同じページが携帯でも見れるってのが売りだった気がするけど、今、サイトを見ると必ずスマホ用ページに飛ばされてしまう。

これってなんか、iモード時代への逆行じゃね?

森友学園 運動会選手宣誓 全文書き起こし

宣誓

あついあつい夏がすぎて、ぼくたちわたしたちの待ちに待った、平成27年度 秋の大運動会がきました。

先生と、お友達と、一緒になって、おけいこをした、おゆうぎ、音楽、体育、かけ

っこなど、今日一日、頑張ります。

おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんの前で、褒めていただけるよう、全力をつくします

大人の人たちは、日本が他の国に負けぬよう、尖閣列島竹島北方領土を守り、日本を悪者として扱っている、
中国、韓国が、心改め、歴史で嘘を教えないよう、お願い致します。

安倍首相、ガンバレ! 安倍首相、ガンバレ!

安保法制国会通過よかったです!

僕たち、私たちも、今日一日、パワーを全開します

日本ガンバレ!えいえいおー!

 

森友学園

インターネットでばかり記事見てたから、

森友学園を、

「もりゆう」学園って読むのか、

「もりとも」学園って読むのか、

ずっとわからなくてモヤモヤしてたんだけど、

それって俺だけじゃないよね?

宮崎駿監督が長編製作復帰へ 事実上の引退撤回 - 共同通信 47NEWS


宮崎駿監督が長編製作復帰へ 事実上の引退撤回 - 共同通信 47NEWS

 

宮崎駿は真のクリエイターだと思う。

 

作品の質や内容の話じゃない。

 クリエイターは飯を食うと同じレベルで創作をしてる。

クリエイターは、生きる事=創作する事 という概念で生きている。クリエイターが気持ちを発言することは、作品を創る事であり、クリエイターが愚痴を言う事も、作品を創る事である。

 

作品を発表し、商売をして収入を得る事は、社会性であって創造性ではない。

 

宮崎駿は社会性によって、これからも引退したり、復帰したりするかもしれないが、創造するって行為は、一生やめないだろう。というか、できないであろう。

 

宮崎駿はクリエイターであり、クリエイターの生きる事はすなわち創る事だと思うから。

 

 

「じゃあ殺せ」被告、被害女性に怒鳴り退廷 小金井刺傷:朝日新聞デジタル

https://cdn.ampproject.org/c/www.asahi.com/amp/articles/ASK2Q6J42K2QUTIL070.html
「じゃあ殺せ」被告、被害女性に怒鳴り退廷 小金井刺傷:朝日新聞デジタル

 

こんな奴、何年刑務所入れても更生しないんじゃないかと個人的には思う。

正直、独断と偏見であるのは間違いない。

 

人間誰しもが更生する!なんていう派の人もいるかもしれないが、でも、それも独断と偏見じゃないのかと思う。

 

どんな無茶苦茶な犯罪を犯した人でも更生できる人はいるだろうし、何やっても更生しない人もいると思う。

 

考えなきゃいけないのは、更生を見誤ったときのリスクではないだろうか。

 

出所後、更生したと思ったら、実は更生してなくて、再販を犯してしまうなんてことになったら、最悪なことになる。

 

更生したかどうかを完璧に見切るなんて事は、恐らく人間にはできないであろう。もし、95%の確率で見切れるとしても、残る5%の見誤りリスクは、被害者側が負う格好になる。

 

100%でない判断などのリスクは、やっぱり被害者側ではなく加害者側に負わせるべきものではないかと思う。それも犯罪を犯してしまった者の贖罪ではないか。

 

犯罪者だからといっていつまでも牢屋に閉じ込めたり、死刑にするのは非人道的だというのも分かるが、100%再犯することがないかわからない人間が20年後、社会に帰ってくる時のリスクは何が誰がカバーしてくれるのだろうか。