ザッカンザッキ

ザッカンザッキ

書いてストレス発散。脳みその中身を気まぐれに吐き出すブログ

松屋が俺に冷たい件

牛丼のイラスト

 

実は私は松屋株主です。

まぁ、そんな偉そうなもんじゃなくて、1単位の株を証券会社で買って持ってるだけです。

松屋の株はおすすめです。

何がおすすめかというと、株主優待です。

↓これ

www.matsuyafoods.co.jp

松屋の株を1単位(100株)持っていると、毎年、株主優待という名の無料お食事券が10枚もらえます。

だいたい松屋の株は時価で40万円くらい。1食平均600円くらいとすると、約6000円分くらいのお食事券が毎年GETできるという算段。

銀行に40万貯金しているくらいなら、松屋株にしておけばお得です。

 

松屋の優待はとても良い制度で、牛めしカレギュウに牛焼肉定食などいつも美味しく頂いております。

 

おりますが・・・

 

松屋が俺に冷たい件

事件は現場で起きているんだ!

という事で、このとてもありがたい優待券を使うことで逆に辛い目に度々あっている現場を詳細に伝えたい。

 

1.恥をかく株主

まずは、この優待券の使い方の説明になるが、この紙を店員に渡して口頭で食べたいメニューを注文するって言うのが株主の基本スタイルになる。(本当は紙の裏に希望メニューを書くというルールがあるのだが、大体松屋に行くのにいちいちペンなんか持ってないので口頭注文になる。)

一般人の松屋入店スタイルは、入店したら真っ先に券売機に向かうのが基本行動となるが、ここで、株主との行動ギャップが生まれる。

 

優待券を持って入店する場合、券売機に目もくれず座席に一直線に向かうことになるが、すると店員に「おいおい、券売機も知らない松屋素人が来やがったぜ・・・」とか「食券の行列をすっ飛ばして、変な客がズカズカ中に入ってきやがったぞ・・・」という店員の不審な視線を浴びる事になる。アグレッシブなおばちゃん店員なんかだと、「お客様~、食券をお買い求め下さい~」なんて大声で言われてしまい恥をかく。


「俺は株主だ」というプライドでなんとか店員のプレッシャーを跳ね除けるが、ここで少し心が折れそうになる。

 

2.気付かれない株主

店員の不審な視線にあわない入店パターンもある。

店員が厨房に入り込んでいるタイミングで入店すると、1の問題は回避できるのだが、株主はまた別の苦労をすることになる。

 

松屋の券売機は食券を買うと、厨房に何を注文したかが瞬時に連携して通知される。

これで、客が着席して数十秒程度で牛めしが提供されるという優れたオペレーションになっている。

今一度繰り返しとなるが、株主は券売機で注文しない。

 

厨房で必死に他客のメニューを作っている店員に対し、ズカズカと座席に一直線に向かう株主。

 

起こる結果は、放置である。

 

他の客のメニューが完成して、店員が配膳に出てくるまで待つのが安全策だ。

店員に声を掛けろよといわれそうだが、松屋の厨房はだいたいお客様から見えないように奥まっている。お客様への素晴らしい配慮だ。おかげで、ちょっとやそこらの声では厨房に届かないので、店員を呼ぶ場合にはかなりの大声が必要になる。「ズカズカと店に入り食券も買わず着席し大声で店員を呼ぶ客」という状況は、他の客から(なんだこいつ・・・)という白い目を浴びることになりリスクが高い。

やはり、店員が出てくるのを待つというのが株主の安全策だ。

 

3.来るべきものが来ない

他客の配膳に来た店員をすかさず捕まえて、なんとか注文を通す。(注文が立て込んでいると10分くらい現れないこともある)

これで一安心だ。店員は急いで、株主様のメニューを作りに厨房に駆け込む。キビキビして、いい動きだ。

 

「おい!水(コップ)がないよ!!」

 

券売機の注文で来客を察知する松屋の店員は客の食券をもぎりに行くタイミングで水を合わせて持ってくるオペレーションになっている。

 

不意に現れた株主にもちろん水は用意されていない。

水をもらうために、再び他客の配膳でカウンターに現れる店員を待つことになる。

 

4.通らない注文

ブラウンソースエッグハンバーグ定食が美味しい。

美味しいのでよく注文する。

口頭でだ。

「ブラウンソースエッグハンバーグ定食、ご飯大盛り」

5分~10分程度(券売機でメニューが厨房に連携されないため、食事作成の着手は口頭注文をしてからとなるため、ラグが大きい)待つと、ようやく到着。

店員「ブラウンソースハンバーグ定食、ご飯大盛りです。」

 

エッグどこいった!?!?

 

このメニューだけは、本当に通りにくい。

直近の戦績は3戦して0勝3敗だ。

ブラウンソースエッグハンバーグ定食というメニューは、幻なのではないかと最近思うようになってきた。

 

隣で食券購入してる一般客は、ブラウンソースエッグハンバーグ定食食ってるけどな!!

 

以上である!

 

物言う株主として、株主に冷たい松屋の現場を経営層に強く訴えたい。

運動不足で動きが鈍い

回し車の中で走るハムスターのイラスト

 

最近、というか、ずーっと運動不足。

 

筋肉って、動かさないとみるみる落ちて行く。

いざ、走らなきゃいけない時に、足がもつれて走れない。

 

実は心も一緒なんじゃないかと思う。

 

喜ぶ事もせず、悲しむ事もせず、怒りもせず、 無感動に生きていくと、平穏だけども、心の筋肉がどんどん落ちていく。

 

いざ、喜怒哀楽を感じる機会が現れても、心が反応しなくなる。

 

最近、心も運動不足。

 

毎日ストレッチくらいはしておかなきゃ。

罪のない者だけ石を投げよ

f:id:siina9:20170815234930p:plain

芸能人とか有名な人が、地位や名誉や財産や仕事を全部失うリスクをかけてまで、不倫をするのは、どういう理屈で考えれば理解できるの?

 

論理や損得の話では理解ができず、本能としか考えられない。

 

私は裏切るパートナーもいないから、幸いにも(不幸にも?)そんな不倫リスク自体がないけれど、自分が不倫したいとさえ思えば、いつでもできる環境だったら、本能に抗えないんじゃないかなと思う。

 

世の中には「自分は不倫なんてしねぇ」って言う人は沢山いるんだろうけどさ、本当は不倫できる相手や不倫したい相手、不倫できる環境に恵まれてないだけなんじゃないの?

 

不倫した者によってたかって、みんな石つぶてを投げつけている姿を連日ニュースなんかで見るけれど、(本当はしたいのに)不倫できる才能がなくて、不倫をしていないという事実をまとってるだけの偽道徳者が、石を投げている人の中に多く紛れてるんじゃないのかな。

 

心の底から不実のない人間のみが石を投げなさい。

 

あなたは、石を投げる資格がありますか?

クソ面白くない記事をほぼ毎日書いてるブログ

f:id:siina9:20170815235857p:plain

自分の事は置いておいて、
クソ面白くない記事をほぼ毎日書いてるブログ
あるよね。

才能に恵まれてないから、記事で笑わせられたり感動させられる事はなくて、ただただ毎日綴られる。

でも、というか、だからこそ、そういうブログって人間性しか出てこないのよね。

記事が核ではなく、人間性が核になる。

そうなると唯一無二のブログになる。


才能がある人間は作品で人の心をゆさぶればいいけれど、才能のない自分のような人間が目指せる高みってそっちの方向しかないんだろうな。

とふと思った。


まだ山のふもとだが、頑張ろうと思う。

キャンバスに思考が支配される

紙に絵でも文字でも図でもなんでもいいが、考えをアウトプットしていると、だんだん書く範囲が広がっていき、いつかは紙の端っこが来てそこで思考が止まってしまう。別の紙に書き足したところで、それはなんだか別グループの思考になってしまう。

デジタル(PC)になって、無限のキャンバスを手に入れたと錯覚をするが、実際書いてみると一定の範囲が画面内に見えてるだけで、短くなるスクロールバーとともに画面外に書いたものが追いやられていく。

画面外に追いやられたアウトプットは、脳みそからも外にはみ出してしまい、うまく脳みその中でまとめられるのは画面に見えてる範囲だけとなってしまう。

俺の思考は入力フォームに制限されている。

俺の思考の最大範囲はディスプレイサイズ。

思考がキャンバスを突破できない。

キャンバスに思考が支配されている。

うわ~、今日の星座占い、また12位かよ~

f:id:siina9:20170708001750p:plain

毎朝ニュース番組で、星座占いをやるのやめて欲しい。

朝イチこれから仕事だっつうのに、

今日の12位は○○座!『人間関係に気をつけて♪』

とか、言われたら会社行きたくなくなるやろうが。

 

 だから、提案したい。

星座占いは上位3つの発表でいい。

1位~12位まで全部発表する必要はない。

俺は いい気分になる情報だけを聞きたい。

 

ちなみに

単純な数字で考えると、自分の星座が最下位になる確率は1/12。

のはずだけど、やたらと自分の星座が最下位になってる機会が多い気はしませんか?

 

何かで聞いた話だと、人間って良い記憶よりも悪い記憶が印象に残るような仕組みになってるらしい。それも、太古の昔、人間がウホウホ言ってるような時代から。

例えば、毒となる木の実とか食べてお腹を壊したりした時に、嫌な記憶が消えやすい生き物だと、時間が経って忘れた頃にまた同じ木の実を食べてお腹壊すって事を繰り返してしまう。これでは生きていくのにリスクが高い。

そこで、痛い目を味わった時の記憶を強く残す事で、ふと木の実を見つけた際に、これは食べちゃいけない木の実だって事がすぐに思い出せ、生命危機リスクが減るようになっているという仕組み。

 

脳は良く出来てるもんだと関心するけれど、やっぱり良い記憶だけを抱いていきたい。

世の中に普及している割にイケてないもの

ハンドドライヤー(ジェットタオル)って言うの?

 

   こやつ↓

f:id:siina9:20170804234419j:plain

ハンドドライヤー - Wikipedia

この機械、今はもう大体の商業施設には完備されているくらい普及してると思うけど、

これで、濡れた手が乾いた事ありますか?

正直ハンカチなしでは乗り切れないと思う。

 

あと、ゴーーー!ってうるさいし、他の人とタイミングがかぶると、濡れた手をぶら下げながらハンドドライヤー待ちみたいになるし。

 

いや、しょぼい機械というわけではないんだが、立派な風体の割にものすごく効果が薄いっていうの?

ウォシュレットなんかは外国人が、衝撃や感動を覚えるくらい革命的な機械なのに、このハンドドライヤーだけは期待はずれ感がすごい。

 

ハンカチがいらない、紙ゴミがでないというコンセプトは悪くないんだ。

機械の販売・普及を図る前に、もっと機能的な改善努力を期待したい。